世田谷区の坂本均整施術所では、定期的に患者様へ情報を配信しております。

お知らせ

PAGE TOP

お知らせ

熱中症を知ろう!!(2016/08/08)

8月に入り、暑さも本格的になってきましたが、皆さんは、体調管理などいかがお過ごしでしょうか?
この時期に気を付けなければならないことが熱中症です。
誰もが熱中症になりやすく、屋外・屋内に関わらず、注意しなくてはなりません。
夏本番の今回は「熱中症」についてご説明したいと思います。

どんな障害か?
熱中症は、運動や暑熱から起こる体の障害の総称です。
熱射病や日射病と呼ばれているものは、重症の熱中症のことです。
医学的にいう熱射病は、視床下部の体温を正常に保とうとする機能が低下して、汗がとまってしまい、体温が40を超えて、そのままでは死に至る極めて緊急性の高い状態を指します。このうち、太陽光がその一因となるものを日射病といいます。

原因は何か
人間の体は、皮膚からの放熱や発汗によって体温を下げますが、外気が皮膚温以上の時や湿度が非常に高いと、放熱や発汗ができにくくなり、熱中症を引き起こします。
基礎疾患のある高齢者や肥満、糖尿病の患者さん、アルコール依存症の患者さんは、熱射病に陥りやすいとされています。
異常な熱波に見舞われた年に多くの高齢者に発生したという報告や、泥酔してサウナで昏睡に陥った人、車内に閉じこめられた幼児の報告もありますが、通常は灼熱環境下での運動や作業を無理に続けた時に発生します。

症状の現れ方
熱中症は、
軽症の熱けいれん、
中等症の熱疲労、
重症の熱射病
3つに分類されます。

症状は、頭痛や疲労感を主とすることから、俗に「暑気あたり」といわれる状態や、筋肉がこむら返りを起こすのが熱けいれんです。
熱けいれんは、大量の発汗に対し、水分のみを補給した際に起こりやすく、相対的な塩分の不足が原因とされています。

脱水が主体で頭痛や吐き気をもよおすものが熱疲労です。
熱疲労は、脱水症の一種ですが、体温調節機能が残されているため、発汗は持続し、体温もそれほど上昇していません。


体温が40を超え、意識がなくなる最重症が熱射病です。
視床下部の体温中枢や汗腺の機能が衰退して深部体温は40以上になり、緊急性の高い状態です。

応急処置はどうするか?

基本は以下の3つです。

休息
体を冷却しやすいように衣服をゆるめ、安静にします。

冷却
涼しい場所で休ませます。
風通しのよい日陰、クーラーの効いた部屋に移動します。
また、氷嚢、氷塊などで腋の下、首のまわり、脚の付け根などを冷やし、血液循環を通じて体温を早く冷まします。

水分補給
意識がはっきりしていれば、水分補給(スポーツドリンク)を行います。
意識障害や吐き気がある場合は、医療機関での輸液が必要で、救急車を呼んで至急医療施設へ搬送します。因みに、熱中症対策としてスポーツドリンクを飲む場合、スポーツドリンクは飲みやすくするために、多量の糖分が含まれています。それにより、血糖値が上がりますので、糖質OFFのものや少し水分を足し薄めるなどして飲むと良いと思います。

予防
日常生活で熱中症を予防するためには、脱水を防ぐとともに体温上昇を抑えることが基本です。
炎天下の屋外などで発生するイメージのある熱中症ですが、近年は室内でも多く発生しています。
適切な水分補給はもちろんのこと、ゆったりした衣服で通気を確保する、すだれを利用して窓からの日射を遮る、向き合う窓を開けて部屋の風通しを良くする、などを心がけ、それでも暑さを感じるときは無理に我慢せず、エアコンなどの空調設備を積極的に利用しましょう。
日常生活の中でちょっとした注意や工夫をすることで、熱中症を予防できます。


この時期、毎日のようにニュースなどで熱中症になってしまった事故を放送しています。
「若いから大丈夫」、「室内だから大丈夫」、「暑さに強いから大丈夫」そう思っている人が、実は事故に合いやすいです。
最近では、中高生の部活でも報告がありますし、実は、高齢者の熱中症は室内で起こることが多いと報告されています。
慢心せずに、細目に休憩し、水分補給とミネラル補給を行い、室内では、エアコンを活用し、この夏の熱中症を予防しましょう。
おいらは、クーラーが掛かっていても仕事で大汗をかき、脱水症状になります。お互いに気を付けましょうね!!


8月診療のお知らせ(2016/07/13)

暑い季節になりました。

8月は、通常通り診療いたします。

 

身体を整えてこの暑い夏を乗り越えましょう!!


この時期の過ごし方(2016/07/12)


 

最近は、湿度の高い日が続きます。

 

湿気が自然界に停滞すると、人の身体にも同じ様に滞り、体力がないと「湿邪」が侵入してきます。

 

その結果、身体に余分な水分が停滞し、むくみ、手足の重だるさなど様々な症状が起きやすくなります。

 

 

 

「長夏」は、五行で「土」に属し、臓腑の中では「脾」「胃」と関係が深い季節となっています。

 

中国では、夏と秋の間の湿邪が多い時期を「長夏」としていますが、日本の梅雨と五行説の長夏は似ているので、梅雨に当てはめて説明します。

 

 

 

湿邪は、季節的な影響だけではなく湿気が多きジメジメした所やプール、水の多い場所などで仕事や生活をしているといった生活環境によっても影響を受けます。

 

 

 

●梅雨に起こりやすい症状

 

1 脾・胃に関するトラブル

 

これは下痢や軟便、食中毒、食欲不振などです。

 

 

 

2 湿邪によるトラブル

 

 

 

湿邪の特徴は「重い・濁る・粘る・滞る」で、下半身に症状が出やすくなります。

 

そのため、頭や身体が重だるい、下痢や軟便になりやすい、目ヤニやおりものが増える、尿の出が悪い、化膿したり湿疹が出やすい、舌に黄色や白のネバネバした苔がつくなどの症状が現れます。

 

 

 

梅雨に取るべき食材

 

梅雨の時期には、身体に溜まっている湿の邪気を取り除く食材を多く食べることが大切です。

 

 

 

湿の邪気の出口としては

 

1 汗そして出る

 

2 尿として出る

 

3 脾の運化作用を改善する

 

(飲食物を消化・吸収し栄養物質を全身に運ぶ働き) 

 

この3通りがあります。

 

 

 

脾は湿を嫌うので、湿を生む食材の食べ過ぎは良くありません。

 

湿疹、花粉症なども身体中に湿が溜まった状態です。

 

湿気の多い日本では、特にこの邪気に注意する必要があります。

 

 

 

●湿を取り除き、むくみをとるもの

 

・すいか、冬瓜、干瓢などの瓜類

 

・はと麦、大麦、トウモロコシ、小豆、緑豆、サヤエンドウ、そら豆、スナックエンドウなどの豆類

 

・ハマグリ、アサリ、海苔、昆布などの海産物

 

 

 

その他にキンシンサイ、もやし、白菜、アスパラガス、セロリ、パパイヤ、こんにゃく、せり、うどなど

 

 

 

●香りのよい食材で消化を助けるもの

 

・しそ、陳皮、パセリ、セロリ、コリアンダー、茶など

 

 

 

●身体を温めて汗から発散させるもの

 

・ねぎ、しょうが、豆鼓、しそなど

 

 

 

●養生のポイント

 

冷たいものや甘い物の食べ過ぎで胃腸を壊さないようにしましょう。

 

生ものを食べるときは、しょうがなどの薬味をつけて食べるとよいでしょう。

 

酒も湿を生むものなので、ほどほどにしましょう。

 

また、雨に濡れた後はお風呂に入るなどして身体を温めましょう。

以上、佐藤でした。。。

 


世田谷区商店街連合会の会員になりました。(2016/07/01)


 

世田谷区商店街連合会の明大前商店街振興組合発行の医療・健康マップ

に載りました。

これにより、当院でも世田谷区内共通商品券の利用が可能となりました。

商品券をお持ちの方はぜひご利用ください。


突然、急ですが・・・(2016/05/02)

本日、5月2日は午後2時から診療いたします。